映画ドラえもん 2019 ウサウサ 月面探査記

アニメ

ドラえもんの映画は毎年見ています。映画館になかなかいけないので、今回が初めて映画館で見れました。迫力もさることながら、やはり大きなスクリーンで見ると違いますね。感動します。
子供よりも私が泣いていました。ええ話や~と。

ドラえもんのび太の月面探査記

原作が【辻村深月先生】どんな作品だろうと、小説家の方が書くと少し違ったりするのかなとドキドキしていましたが、のび太君の名言と友情の物語が、涙をそそるものでした。

不思議な転校生

まずは、不思議な転校生のび太君がママにお使いを頼まれてススキを取りに裏山に行った時に不思議な少年と出会います。翌日その会った子が転校生としてやってきて、月兎がいると信じているのび太君に興味を示します。

のび太君は月に兎がいると信じているのにまたいつもようにバカにされ、ドラえもんと一緒につきの裏側に【ウサギ王国】を作る事を計画し、ドラえもんの道具で水と自然を作り隕石が落ちても大丈夫なようにドームを作りそのに粘土でウサギを作ります。

あらかた終わり、ドコデモドアで戻ってきてから転校生が不思議な能力があるのを目撃したりします。ジャイアンとスネ夫が「ウサギなんて月に居ない」という事をのび太君に馬鹿にしながら言っているところを転校生ルカは見ています。ここからルカはのび太君に興味を示します。

ウサギ王国の発展

粘土で作ったウサギに【ムービット】となずけ、最初にアダムとイヴを作りました。数日後に見に行くとムービット達は家族を作りとても繁栄した世界になっていました。そこでドラえもんとのび太君はムービットたちに物を作る知恵と火を使う知恵、そして餅を作り知恵を与えます。それを覚えたムービット達は文明を発達させ王国を作り上げます。
のび太君はそこへいつものメンバーしずかちゃん、スネ夫、ジャイアンを呼び寄せ【ウサギ王国】へ招待する事にしましたそこへ不思議な転校生ルカも一緒に生きたいと志願します。のび太君ちの集まり【秘密クラブバッチ】を受け取ったメンバーは、ウサギ王国へと出発します。

のび太君のピンチとルカの正体

ウサギ王国でムービット達に歓迎され、発展したウサギ王国を楽しんでいるときドラえもんから【秘密クラブバッチ】を絶対に外さないようにと忠告されます。これがないと息ができなくて死んでしまうからです。それを聞いた皆々は、大きく頷きますが、そこで眼鏡を掛けたムービットとぶつかりその姿がのび太そっくりなところから【ノビット】となずけます。ノビットはドジなところはありますがしずかちゃんから頼まれウサギ王国を案内します。ノビットの案内の終わり際、のび太が最初に【ムービット】を作った際にできた恐竜ウサギが暴れだしノビットをくわえ逃げてしまいます。タケコプターを付けたのび太君が追いかけてノビットを助けようとします、ここでルカは皆と別れ違うところへと行きます。ノビットを助けたのび太君は、ノビットを助けた拍子に秘密クラブバッチを落としてしまい谷底へと落ちて行きます。気が付いた時に、のび太は息ができないともがきますが息が出来ていると気づき、そこへ不思議な転校生ルカは自分の正体をのび太に明かしました。

ルカの正体と追われる者

ルカはつきの住人で、能力者だったとのび太にあかし、ノビットたちを追ってきたスネ夫ジャイアンしずかちゃん、ドラえもんはノビットから秘密クラブバッチを受け取りのび太が死んでしまったと思い込みドラえもんが、死んでお詫びをと言い出しますが、下の方から声がします。ドラえもんたちが行くとそこにはのび太が元気に居ます。思わず歓喜の声と、嬉しさでのび太を囲みます。そしてルカが自分の正体と仲間を紹介します。ルカ達にはウサ耳が生えておりそれがあるのが、【エスパル】という能力者の種族の証と教えてもらいます。ルカに導かれ入った先は【エスパル】達の住処でした。
ルカの姉ルナは、快く皆を向かえ暖かい食卓と皆で歓迎を受けます。ロップイヤーのようなタレ耳のアルはジャイアンになつき、ジャイアンもアルを可愛がります。皆でドラえもん道具で、カートで3個に別れ競争をしようとなり、のび太とルカ、ジャイアンとスネ夫・アル、しずかちゃんとドラえもん・ルナに別れます。

のび太君の言葉がしみる

のび太とルカはゆっくりカートではしりルカと会話しています。ルカはのび太に「友達がいない」と言います。のび太は「友達は仲間だよ、友情で繋がってる仲間」このことを聞いたルカは驚きと嬉しさが満ちます。その後ルカたちは捕らえられ・・ルカは最後まで逃げのび太達を逃します。のび太達はルカたちを助けに、月へと戻るべく家出をします。

まとめ

今回のドラえもんは、想像力大切さと、命の尊いものだと教えてくれます。限りある命だから価値があると・・もうのび太君ルカの言葉がなんとも良くて、見ると忘れていたものを思い出せてくれます。仲間の大切さ、友達の大切さ、命の大切さ、想像力がなければ破壊しか生まれない。本当にそのとおりで、ドラえもんと言う映画は、大人でも楽しさと考えさせられる深い言葉があります。子供頃しか見ていなかったドラえもんですが、大人になっても素晴らしい作品だと改めて感じさせられます。

小説でも【ドラえもんのび太の月面探査記】出ています。自分もこれから小学館ジュニア文庫の方を読みながら、ドラえもんの映画を思い出したいと思います。

コメント